西洋占星術☆グレートコンジャンクションとグランドミューテーション!惑星の会合で2020年は人類の大転換期となる?!

こんにちは

月読うさぎです(*^_^*)

2020年、西洋占星術ではある特殊な惑星の配置による「グレートコンジャンクション」と「グランドミューテーション」が起こる事で、何十年、何百年に一度の大転換期が訪れようとしています

宇宙

☆山羊座に惑星が集中!2020年は波乱含みのスタート

2020年がスタートした頃のことを思い起こしてみると世界的に緊張が走る場面がありました。
今は新型コロナウイルスが猛威を振るう最中で記憶が薄れてきているかもしれませんが、2020年の幕開けは中東情勢の緊迫化で日経平均が大幅下落するなど緊張が高まっていました。
インターネットの検索キーワードの上位に「第三次世界大戦」というワードが上がってくるなど、いつ戦争が始まるかわからない状態で恐れていた人も多いのではないでしょうか。

西洋占星術の視点で惑星の配置を見てみてもやぎ座に惑星の集中が起こっており緊張感が高まる時であったと考えれらます。

中国では未知のウイルス「新型コロナウイルス」が猛威を振るうこととなり、今は世界に広がりをみせておりさまざまな大きな影響が出始めています。

★2019年12月グレートコンジャンクションが始まっていた

木星と土星が同じ星座に入る「グレートコンジャンクション」と呼ばれる現象は惑星の運行上20年に一度の稀な現象です。

※コンジャンクションとは、惑星と惑星の間で形成される角度が0度になることで、「合」と表現されることもあります。グレートコンジャンクションとは「木星」と「土星」がコンジャンクションになることです。

昨年の12月に木星が射手座から山羊座に移動することで、木星と土星が同じ星座に入り、グレートコンジャンクションは2019年12月から始まっているといえます。

木星と土星が会合する「グレートコンジャンクション」の時は社会が大きく変わるとされており、人々の生活に大きな変化を及ぼす時代の節目となることで知られています。
過去の歴史といえば、例えば20年前の2000年はITバブルの崩壊などがありました。

・木星が意味するもの

木星は「幸運の星ジュピター」と呼ばれ知られていますが、幸運、成功、拡大、発展、などがキーワードとしてあげられます。

グレートコンジャンクション

・土星が意味するもの

土星は、縮小、制限、拘束、節制などを意味し、困難や試練を与えるとともに、それを乗り越えていく力を与えてくれると考えられています。

satan

・冥王星の合が意味するもの

グレートコンジャンクションが形成されるだけでも大きな節目と言えるところ、更に「物事の初めと終わり」、「カルマ」、「大変化」を意味する冥王星が会合していることを鑑みるととてつもない大きな大転換期が訪れていると言えるでしょう。

★グレートコンジャンクションがエレメントを変えるグランドミューテーションとは

今年は12月に地のエレメント(牡牛座・乙女座・山羊座)から風のエレメント(双子座・天秤座・水瓶座)に移動します。
200年とか250年に一度と言われている「グランドミューテーション」と呼ばれる現象が2020年12月に水瓶座で起こるのです。

そういう意味では2020年は「地の時代」最後の年となります。

200年ぐらいに一度と言っても良いぐらいの歴史的な大変革が訪れるであろうその前の最後の年を私たちは迎えており、2020年12月のクリスマス頃には新しい時代に突入していくのです

※エレメントとは、星座を3つづつ4つのグループにわける西洋占星術の考え方で「火、地、風、水」に分けることができます。

★グランドミューテーションでどのように変わると予想できるか

地のエレメントが象徴するものの時代から風のエレメントが象徴するものの時代に変わります。

「風の時代」は今よりももっと風のように軽やかで自由、平等な時代になるかもしれません。
これはとても前向きな表現かもしれませんが、従来とは全く違う雰囲気に世界が変わっていくのです。

これまでの時代は、資産、物質、権力、を持っていることが大切だと考え、そしてそういうものを手に入れるために人々は努力して生きてきました。
そういう価値観がガラッと変わるのではないかということが想像できます。

新しい時代は風のエレメントが象徴する知性、情報、コミュニケーションが大切であるとされ、すでに兆候は現れていますが、コミュニケーションの変革、テクノロジーの躍進による人々の生活の変革が加速すると考えられます。

一つの例ではありますが、5Gや6Gなどの次世代の通信を利用した新たなサービスや商品などで人々の生活は劇的に変わることとなるでしょう。

冥王星が山羊座に入って会合しているため、冥王星の持つ意味「破壊と再生」をさらに強調することを意味します。

今まで絶対安心、こういうものでしょ、と思っていたものが崩壊し、新しいモノや考え方が生まれる・・・

人々の心や従来の社会的なシステムが大きく変わり、その根底となる大きなものが変わることで私たちひとりひとりの生活も変わってくるでしょう。

こんなお話しをしますと、どんな新しい時代がやってくるのか不安や恐怖をもたれる方もいらっしゃるかもしれませんが、そういう大きな時代のターニングポイントにさしかかっているのだと知って、新しい時代はどう生きていくのかをひとりひとりが真剣に考えてみるきっかけとしていただけたらと思います。

もうすでに始まっていると思えることは、コロナウイルスによって強制的ではありますが、テレワークやオンライン授業、フレックスタイム制、時差出勤などが加速して広がって私たちのライフスタイルに変化が起こっています。
これはなかなか進まなかったことが一気に進むことになった良い効果のひとつではないでしょうか。

冥王星の破壊はコロナウイルスのように私たちが望まないことが引き金となって起こるのでしょうか・・・?!

それとも、まったく別の大きな出来事が重なって破壊と再生のきっかけとなるのでしょうか・・・・?!

いずれにしましても、地の時代は終わりを告げようとしています。

ここまで読んでいただいて、どうなってしまうんだろう・・・と不安に思われた方に私がアドバイスするとしたらザックリとで申し訳ないのですが・・・

合理的に考えながらも柔軟でいること

とお伝えしたいと思います。

そして、知性が大切な時代となりますのでさまざまな情報の中から「これだ」と自分が思えるものを取捨選択する技術も必要となってくるでしょう。

なんにしても、新しい時代が来るということはチャンスがいっぱいあるとポジティブに考えてみてはどうでしょうか。

逆に言いますと、従来のものに固執していれば新しい時代を生きていくのは辛いものになるかもしれません

現在は新型コロナウイルスが世界を震撼させており日本国内のみならず世界の経済打撃も大きなものになりそうだという投資家の不安な心理から市場は大荒れとなっております。

どんなことが今後起こるのか恐ろしくなってきますが、今は人々は冷静になって未知のウイルスと人類全体で戦っていかなければなりません。

ちなみに、昨日のNYダウ2000ドルを超える大暴落は、コロナウイルスによる経済停滞懸念と原油価格の急落による「逆オイルショック」懸念のダブルで投資家がリスクを避けようとした動きのようです。

未知のウイルス、新型コロナウイルスももちろん脅威ですが、今後経済も大変心配で恐怖すら感じます。

コロナは専門家も言っているように、すぐには消えてなくならないと思います。

今できることは医療崩壊を招かないように爆発的に感染者や重症者を増やさないことです。

それは全人類ひとりひとりの行動にかかっているのではないでしょうか。

今何をすべきかは、前回のブログでお話しさせていただきましたので是非ご覧ください
緊急!未知のコロナウイルス!パンデミックを回避するには?!東京五輪はどうなる?!

日本が今行っている行動の自粛がどれだけ効果があったかがわかるのはウイルスの潜伏期間を考えると2週間以上はかかってきますし、表面にどのぐらい出てくるかがわかりませんので、効果が数値として正確なものが出てくるかは未知数です。

しかしながら多くの人が辛抱していますし、衛生面にも気を使っていると思いますので効果を期待したいです。

対策はなるべく早い段階で、短い期間に集中的にすることで経済的打撃も小さくすることができると考えられますから、あと少しの期間頑張ってみる価値はあるでしょう。

長引くとどうなるか・・・経済や生活、考えただけでも恐ろしいので、だからこそ今が正念場!

ただ、感染症は日本一国だけでどうにかなることではないということ・・・

日本だけでできることには限りがありますし、感染症は日本国内だけで落ち着いてもダメなんです。
鎖国するわけにもいかないのですから、全人類が一丸となって乗り越えていくことが大切なのではないでしょうか。

惑星の動きは逆行もあり、不安定な情勢となるかもしれません

東京オリンピックが開催される予定の夏頃は、以前ブログにも書きましたが東洋の占星術で見る月と西洋占星術的には火星も気になります。

また、別の機会にお話ししたいと思います。

大激動の時代は序盤を迎えたばかりです。
これからの人生をどのように生きていくか、ひとりひとりが決心していかなければならないのかもしれません。

いつもご覧いただきまして、ありがとうございます

皆様、くれぐれもご自愛くださいませ

それではまた、ごきげんよう+**。*☆